カテゴリー「読書」の4件の投稿

0032-090929 これが建築なのだ その2 自力建設「Do It Ourselves!」

これが建築だ その2 「Do It Ourselves!」

ギャラリーみんたまあでは、

毎週火曜日の夜に

ギャラリー運営会議を開いています。

Dsc_0462_2

「自力建設」という言葉は、

その運営会議のときに

ワイワイ議論をしているときに

よく聞いた言葉です。

私は、あまりなじみのない

言葉だったのですが、

なんとなく語感と語意が

しっくりくる言葉だと思いました。

それもそのはずで、

かつて「むらづくり、まちづくり」の

スローガンとして掲げられていたもの

だったそうです。

そういえば、

その「名護のまちづくり」の活動を

経験したであろうみんたまあメンバーの

先輩ががよく口にしていたなあ。

「具体的な建設行為への市民参加を指すばかりでなく、自らの地域を自らの手で作り上げていく哲学なのである」

とあります。

そして、

自力建設についての10項目、

1. 自力建設は近代主義建築の行き詰まり突破するための肉体的試みである。

2. 自力建設は建築本来の形姿、社会性の二面において根源的な問いかけを計画者に行う。

3. 自力建設による独自の形姿を求めること。自力建設による形姿は近代的工法では生み出せない、素朴な原型を探求することが出発点となる。

4. 材料はできるだけその土地で入手しやすいものを使う。

5. 技術はその土地で普遍化しているもの。機械力よりも手に直結した道具を重視する。

6. 地元の人々を巻き込む仕組みを作ること。工期は無限に延長すること。

7. アマチュアリズム、または市民参加という美名によるローレベルの造形は許されない。

8. 自力建設はその地域の社会的経済的意味を再考せざるを得ない。その問題にぶつかった場合は素直に取り組む事が必要である。

9. 地域を総合的に捉えることで、建築にいろいろな豊かさが与えられる。

10. 自力建設が近代主義建築を乗り越えるための決定的条件は「狂気」である。

いくつかの項目の、

「建築」を「みんたまあ」に置き換えるとギャラリーみんたまあが

めざすものに当てはまる気がします。

とくに、4番目の「独自の形姿を求めること」や、

10番目の「・・・の決定条件は「狂気」である」

なんか、もうそのまんまです。

 

まだ実行に至っていないこともあるけれど、

これがみんたまあの

ロールモデルになるのかもしれませんね。

「狂気」という言葉から、

ふとピンクフロイドPink Floyd

「狂気」’The Dark Side Of The Moon’と

いうアルバムが聞きたくなりました。

→ギャラリーみんたまあ@Web

0026-090919 これが建築なのだ

大竹康市番外地講座 これが建築なのだ
                 OJ会編 TOTO出版

1

名護市の市庁舎は、かなり変わっている。
そして、かなり有名な建築物だ。
(と個人的には思っている)

20090919030

お堅い役所の建物のはずなのだが、
ぱっと見は、何の建物かよくわからない。
少なくとも役所には見えない。

赤と白のブロックの対比が、建築当時は、
市民には、かなり派手なものに見えただろう。
築後30年を過ぎて、
幾分落ち着いてきた感じもするが、
それでも、周囲の建物と比べても、
じゅうぶん奇抜だ。

20090919_hdr

この建物の設計は、象設計集団。
そして、その象設計を束ねていたのが、
大竹康市という人である。

象設計集団

象設計集団が、名護市の創成期に
深いかかわりがあることを
「これが建築なのだ」を読んで知った。

名護での象設計の仕事は、
名護市役所庁舎だけかと思っていたが、
名護市基本構想案や、
21世紀の森公園設計など、
多岐にわたっていて、
名護市のありようの根源的なところを担っていたのだった。

20090919037

普段、使われている建物が、
どのような過程を経て
アイデアが練られ、
設計されていくのか、
そして、そこに人々が
どのように関わっていく様子を
知る機会はあまりない。

20090919032

建築とは、
出来上がってなんぼという世界なのかもしれない
(素人の思い込みかもしれないが)。
この大竹さん、あるいは象設計集団は、
設計された魅力的な建物の背景にある、
その地域との関わりや、
地域研究の課程が、
建物そのものより、重視しているように思えた。

20090919059

文章のあちこちに、
いま一度、名護ややんばるに住む人間として
考えなければならないことが
ちりばめられている。

ギャラリーみんたまあ@Web

0020-090912 みんたまあ共同店

ギャラリーみんたまあ1Fの「Cafeみんたまあ」が
オープンして1ヶ月が過ぎました。
私はプレオープンのときに飲んだきり、
まだ、お茶しかのんでません。
なので、お客の入りがどうなのかわかりませんが、
がんばっているようです。

Dsc_6941

図書館で、「共同店ものがたり」という本を
みつけたので読んでみました。
実は、caféみんたまあがcaféみんたまあになる前は、
みんたまあ共同店という構想もあったからです。

Dsc_6964

共同店、あるいは共同売店とはなんだろう?
くわしくはこの「共同店ものがたり」を
読んだほうがいいですね。
また 共同店ファンクラブというWebSiteがあります。

共同店ファンクラブへリンク

共同店という呼び方はあまりなじみがないのですが、
沖縄の、とくにやんばるの地域では、
なくてはならなかったものでした。
1906年に国頭村の奥地区で初めて誕生した共同店は、
1980年ごろには北部で86店、全県下で合計116店にも
なったそうです。その後の交通網の整備や過疎化で、
共同店の利便性がなくなり、経営難から多くの
共同店が廃止されていったそうです。

Dsc_6965


コミュニティーの構成員による出資と運営、出資に対する配当。
株式会社みたいなもの?なのかな。

Dsc_6978

みんたまあの1階で共同店といっても、
生活用品を扱うわけではなく、
モノづくりをしている人たちの作品を展示販売して、
地域に紹介していきたいねえという感じの、
お茶ものめて、ここに来たらやんばるのことは、
すべてわかるみたいな・・・

Dsc_7003

かなり強引な感じもあります。
どうするのか、落とし所がはっきりしない。
そこが、みんたまあ的ではあります。

Dsc_7010

実は、みんたまあ共同店構想は無くなってはいません。
岸本くんががんばっているので、それを応援するために
すこしずつ「caféみんたまあ」のテイストに盛り込んでいこうと
目論んでいる最中です。

あくまでもちょっとずつ・・・ですが。

Dsc_7034


みんたまあ@Web

0019-090911 5つのC

学校が美術館
〜発想から実現までの記録〜  
四宮敏行著  美術出版社


5187jw7bkcl_ss500_


生徒も通う中学校で(廃校になった学校ではない)

生徒やPTAを巻き込んで美術展を

開催していくまでの話。

プロジェクト実行までの過程が

具体的で、示唆に富んでいます。


Dsc_6848


そのなかで、

著者の四宮さんとジュリア・カセムさんの対談のなかに

「5つのC」ということがでてきます。

Dsc_6854

美術館教育について5つのCが大事

コミットメント(Commitment すべての人に開かれた美術館であること)

コーポレーション(Corporation かかわる人の協力体制がなければならないこと)

コミュニケーション(Communication 来場者とコミュニケーションをはかること)

コレーション(Collstion 来場者の反応を調べ次に生かすこと)

クリエイティビティ(Creativity 来場者を引きつける独創性があること)


これは美術館教育について書かれたものですが、

ギャラリーみんたまあに置き換えても大事なことだなあと。

まだまだ十分でないから、とっても必要なことです。


Dsc_6857_2


→ギャラリーみんたまあ@Web