« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の3件の投稿

古我知焼親娘展

Kogachi20120210


古我知焼 親娘展のチラシ第1弾です。

ギャラリーみんたまあ企画

古我知焼親娘展
2月10日(金)〜19日(日)

10:00〜18:00
入場無料・月曜休館

名護博物館ギャラリー

沖縄うみさんぽ 辺野古大浦湾 牧志治写真展

昨日から開催しています。

Photo

この生命あふれる豊かな海を
子や孫の世代まで遺し、
伝えていきたい

写真展 沖縄うみさんぽ辺野古大浦湾

撮影:牧志治(フリーカメラマン)

1月7日(土)〜15日(日)入場無料
AM10:00〜PM7:00
主催:沖縄・生物多様性市民ネットワーク(アオサンゴ作業部会)

002

沖縄本島北部の東海岸にある辺野古・大浦湾は、環境省が絶滅危惧種に指定した”北限のジュゴン”や、2008年にIUCNが絶滅危惧種に指定したアオサンゴの巨大な群集が生息する、豊かな生き物の世界です。
 マングローブ湿地、干潟、広大な礁池(イノー)や海草・藻場、発達したサンゴ礁(リーフ)など複雑な生態系が多様な生命世界を形成している辺野古・大浦湾は、世界につながる沖縄の大切な自然遺産です。


写真家・牧志治さんプロフィール
1950年 沖縄・コザに生まれ育つ
1969年から1980年まで本土で生活する
業界紙の記者や広告代理店のコピーライターなどを経験して、故郷・沖縄に帰る。
スキューバダイビングの指導員やガイドダイバーとして20年余活動。
現在、セミリタイアの身でフリーランスカメラマンとして辺野古・大浦湾をフィールドに撮影している。

※この写真展は平成23年度沖縄県サンゴ礁保全活動支援事業助成金の援助を受けています。

沖縄うみさんぽ 辺野古大浦湾 牧志治写真展

この生命あふれる豊かな海を
子や孫の世代まで遺し、
伝えていきたい

Photo


写真展 沖縄うみさんぽ
辺野古 大浦湾

撮影:牧志治(フリーカメラマン)

1月7日(土)〜15日(日)入場無料
AM10:00〜PM7:00
主催:沖縄・生物多様性市民ネットワーク(アオサンゴ作業部会)

※この写真展は平成23年度沖縄県サンゴ礁保全活動支援事業助成金の援助を受けています。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »